歯周病とは

ホームへ戻る >  各地の天然水 3  > 歯周病とは

口内の病気といえば虫歯がまず挙げられますが、じつはそれ以上に厄介ともいえるのが歯周病です。ではどうして厄介なのでしょうか。


まず放置してしまいがちな点。痛みを覚えたり、歯が黒くなるなど自覚症状がはっきりと出やすい虫歯に対し、歯周病は自覚症状に乏しい特徴を持っています。そのため発症しても放置してしまうことが多く、知らず知らずのうちに症状が進行してしまいがちなのです。


それからもうひとつ、かかりやすい点も忘れてはならないでしょう。自覚症状の少なさとも関わってきますが、歯周病は特別な症状でもなんでもなく、誰でも起こりうるもので、本人が気づいていないだけのケースも多いのです。じつは成人の約80パーセントは症状の軽重を問わず歯周病にかかっていると言われています。これは加齢による歯茎の衰えなど衛生状態とは直接関係がない原因で発症することも多いのが要因です。

大宮 矯正
http://www.familia-ortho.or.jp/

歯科業界でも歯周病対策を重視する動きを見せています。とくに高齢化が進行していく中で高齢者の歯を守ることが重要になっています。歯周病にかかることで歯槽骨が溶けてしまい最終的に歯が抜け落ちてしまうことになります。それを早い段階で防ぐケアが求められているのです。


サイレントキラー。「静かな殺し屋」とも言われる歯周病。その対策には日ごろの歯磨きはもちろん、歯科医院での定期健診も欠かせません。治療よりも予防が圧倒的に重要なだけに歯科の役割も大きくなるのです。歯科は虫歯になったら行く場所というイメージは捨て、歯周病対策にも目を向けた上で利用することが必要になってくるでしょう。

ファミリア歯科矯正
http://www.familia-ortho.or.jp/