ウォーターサーバーで天然水を飲む

ホームへ戻る >  目立たない矯正できれいな歯並びに  > ウォーターサーバーで天然水を飲む

昔から、水道の水を飲料用として飲まれていましたが、最近は水道水の安全性が問題視されています。水道の水を殺菌消毒をするのに大量の塩素が使われています。この塩素が、水道水のカルキ臭さの原因です。しかも、この塩素で殺菌消毒をする際には発がん性物質であるトリハロメタンが発生することも知られていますので、水道水は、ますます飲料用としては使われなくなってくるでしょう。

飲料用として注目されているのは、ウォーターサーバーをレンタルして宅配される水です。これは天然水やピュアウォーターが自宅に届けられ、安全で新鮮な水がいつでも飲めるというメリットがあります。飲み水としては天然水が特に注目をされています。天然水はいくつか種類があり、採水されたそのままの水、殺菌消毒がされた水、ミネラル分などを添加した水と大きくわけて3つの種類があります。


ウォーターサーバーをレンタルしている業者では、各社さまざまな天然水を使っているので、好みに合わせて選ぶのがよいでしょう。豊富なミネラル分を含んだ天然水といえば、最近人気のバナジウムを含んだものがあります。バナジウムは富士山の近くの限られたところで採水されるもので、豊富なミネラルを含んでいるのが特徴です。バナジウムを含んだ天然水を扱っている宅配水の業者もありますので、興味がある方はインターネットで調べてみるとよいでしょう。お気に入りの水が見つかったら、その業者からウォーターサーバーをレンタルすると、いつでも好みの美味しい水を飲むことができます。