注文住宅の基礎知識 ツーバイフォー工法

ホームへ戻る >  目立たない矯正できれいな歯並びに  > 注文住宅の基礎知識 ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法は主に北米で主流となっており、日本にもだいぶ前に輸入されて以来急速にシェアを伸ばして代表的な工法の一つとなっています。この工法は、フレームとして組まれた木造枠組に対して、それ自体が強度を持っているパネル材を打ち付けることで構造を造ります。在来工法が柱という線で強度を保っているのに対して、ツーバイフォー工法では壁という面で強度を保ちますので、比較した場合に耐震性に優れるという特徴を持っています。また、基本的に規格化されたフレーム材とパネル材の組み合わせで出来ていますので、職人の腕によって出来栄えが左右されることがない、コストが安いという利点を持っています。以前は問題になることが多かったデザイン性も、現在では外壁パネル、内壁パネルの選択肢が広がったことによりあまり問題にならなくなってきています。面同士をしっかり結合し、気密性、防音性、断熱性に優れるという特徴も持っています。木材を基本とするので木の風合いが感じられる一方、ある程度以上の厚みを持った木材パネルは高い耐火性を示すという強みもあります。

注文住宅の工法としてみたときは、なかなか優秀という感じです。ツーバイフォー工法自体の自由度はかなり高く、在来工法ではできない柱なしの空間や広い屋根裏なども比較的容易に設計できます。逆に在来工法にしかできない構造もあるのですが、総合的に見れば引けを取らない自由度が確保できます。ただ、ツーバイフォー工法での自由設計に慣れた設計士で有る必要があります。また、注文住宅ならではの自由度を実現するためには、使用する素材に広い選択肢が要求されますので、自前の工場などを持っているハウスメーカーで、自由設計の注文住宅を扱っているところに依頼することになるでしょう。