一戸建ての魅力について

ホームへ戻る >  インプラントの安全性  > 一戸建ての魅力について

マイホームといえば一戸建て。分譲マンションにも人気が集まっていますが、やはり一戸建てがいい、と考えているサラリーマンも多いのではないでしょうか。では一戸建てにはどのような魅力があるのでしょうか。


最大の魅力はやはり所有感でしょう。マンションのように共有スペースがない物件は「自分だけの家を持っている」という意識を味わわせてくれるものです。マイホームを手に入れたという実感と満足感はローンを支払い続ける意欲ももたらしてくれます。


それから安心感も忘れてはいけません。年金問題や長く続く低金利の状況など先行きが不安定な現代、自分の家を持つことが重要な意味を持っています。将来住む場所を失うリスクを回避するためにも一戸建ての購入が理想的な選択肢もなっています。実際のところ、資産価値は20?30年程度でほぼなくなるのですが、「土地と建物を持っている」という精神的な価値は計り知れないものがあります。

最近では注文住宅への関心も集まっており、家庭環境や理想にあわせた家を建てられる点も大きな魅力の一端となっています。


家族がいればその人数だけ希望がある家づくり。アパートはもちろん、建売住宅でも得られない満足感を注文住宅で実現するケースも増えているのです。


厳しい経済状況のなか、一戸建ては夢のまた夢と考えている人も多いかもしれません。しかし限られた資産でも家を購入する手段はあります。最初から諦めず、これらの魅力をモチベーションに購入の可能性を検討してみるとよいでしょう。