インプラント手術~前歯

ホームへ戻る >  インプラントの安全性  > インプラント手術~前歯

インプラント治療で前歯を再生する利点や、注意点にはどのようなものがあるか考えて見ましょう。


奥歯のインプラント治療が「物を噛む際のバランス」を重視していたのに対して、前歯の場合は審美的要素が大きく関係してきます。もちろん前歯で物を噛む事もありますから、咀嚼力も求められますが、何と言っても口を開けたときに一番よく見える歯であるため、欠損すると審美的に大きな問題が生じるのです。セラミックの歯を入れると見違えるほど印象が変ります。インプラントの技術的な観点から見ると、前歯の下部には障害となる組織がないため、比較的長いボルトを挿入することができます。下顎前歯の場合は特にそうです。しかし、奥歯よりも骨の幅が狭くなっているため、ボルトの径を細くする必要があります。細く、長く入れるのが前歯のインプラントの特徴です。

審美的な面から考えてみると、埋め込むボルトだけでなく、歯周組織全般にも注意を向ける必要があります。仮に歯周病などで抜歯した場合、病気の進行状況によっては歯槽骨が溶けてしまっていたり、歯茎が後退してしまっていたりする場合が少なくありません。その場合はインプラント手術と同時に歯周組織の再生手術が行われる場合があります。これは補強剤を入れて骨を整形したり、歯肉を移植したりすることによって行われます。このようにして前歯を綺麗に治療すると、食事が楽になるだけでなく、より自信を持って人間関係に臨むこともできるようになるのです。