入れ歯の作り変えの時期

ホームへ戻る >  審美歯科と芸能人  > 入れ歯の作り変えの時期

入れ歯は最長でも5年~7年程度は使い続けることが出来ますが、多くの場合ではそれまでに顎の骨などの変化によって装着に不便を感じるようになったり、人工の歯が欠けてしまったり、金属部分が変形してしまうなどして使えなくなってしまうことがあります。


初めて入れ歯を装着した時と比べ、数ヵ月後、数年後となって違和感を覚えるようになれば、入れ歯の作り変え時期が来たと思っても問題ありません。一度歯を失ってしまうと、欠損した部分の骨が弱くなっていくことから歯ぐきの形や顎の骨周辺が微妙に変化していきます。それによってこれまで使うことが出来たはずのものが使えなくなってしまったと言うことがありますので、もう寿命に近いときまで使い続けていたという場合は新しく作り直す方が良いでしょう。

また、保険適用内の入れ歯においては、人工歯の素材がプラスチックであるということもあり、ちょっとしたことでも割れてしまいやすいところがあります。少しでも破損部位があるようでしたら早期に再調整をお願いするようにしましょう。


ただし、保険適用内であっても、一度入れ歯を作ってから半年間は同じ歯科医院で同じ患部への再処置はできないように定められています。地方によっては1年間出来ない場合もありますのでご注意ください。特に処方してもらった直後は噛む力の入れ具合が分かりづらく、極端に固い物を食べようとして失敗し、人工歯が欠けてしまうと言う事例は多くあります。処方後は歯科医師の指示に従い、長期間使うことが出来るように心がけるようにしましょう。