歯周病の影響

ホームへ戻る >  審美歯科と芸能人  > 歯周病の影響

歯周病は口の中の病気と考えられがちですが、重症になると体の他の部分にも悪影響を与えることが知られるようになってきました。特に心臓や肺などの重要器官への影響もあるため、命に関わる病気になりかねないのです。詳しく見てみましょう。


例えば、歯周病は心筋梗塞と関連があるということが明らかになってきました。歯周病の人が心筋梗塞になる危険性は健常者に比べて3倍も高くなります。この理由として、血中のC活性型たんぱく質濃度が高くなることが関係しているようです。このたんぱく質は濃度が高くなると心筋梗塞の原因となる血栓を作ってしまうのだそうです。

さらに誤嚥性肺炎も大きな問題としてクローズアップされています。高齢者の死因の一つに肺炎が挙げられますが、これは風邪をこじらせて肺炎になっているわけではありません。むしろ、誤って唾液が気管支や肺に入り込み、そこに含まれている細菌が増殖して炎症を引き起こすことの方が多いのです。その際、歯周病菌が唾液に含まれていると肺炎を引き起こしやすくなると考えられています。さらに、この菌が血中に入り込むと全身で炎症が起きる可能性があります。それによって子宮の収縮が促されて早産に至ってしまったり、感染性心内膜炎になってしまった事例も報告されています。


このように、歯周病が重症化するとその細菌によって全身に影響が出ますから、「たかが口の病気」と思わずに、完治できるよう最善を尽くしたいものです。